2006年11月19日

◆七五三◆

200611191737000.jpg《七五三の由来》
子供の健康と成長を神に感謝し祈る行事です。

3歳の男女、5歳の男児、7歳の女児が晴れ着を着せてもらい11月の吉日に親とともに神社にお参りに行きます。

3歳になると髪を伸ばしはじめる「髪置き」5歳の男の子が袴をつける「袴着」7歳の女の子が大人と同じ帯を締める「帯解き」など 成長の節目節目で祝って 大人の仲間入りの確認をする風習がもとになってぃます。

《七五三の詣で》

昔ゎ乳幼児の死亡率が高かった事もぁり、7歳までの小さな子供ゎ神の子として扱われていました。

7歳になって氏神に詣でて初めて氏子として認められ、社会の一員に数えられたそうです。

《千歳飴》

子供の百歳千歳(モモセチトセ)の長寿を祝う縁起物です。
鶴や亀などを描いた彩り鮮やかな細長い紙袋に入れ、七五三を迎えた子供に持たせます。

飴ゎひっぱると伸びる事から、(寿命が延びる)といわれ、子供の年令と同じ本数を入れると良いそぅです。 



と言う事で(どんな事?)


今日ゎC女 りんのF歳の七五三でした。 



お赤飯ゎ昨夜 大量に作りました! 


ぅちゎ 美容院&着付けなど行きません! 



そんなに難しい事でゎなぃから自分でやったほぅが 連れて行ったりの手間も省けるし 着付けてもらうほど苦しくもなぃし……… 




そして写真屋さんにも行きません(-ω-)/ 




長女の3歳の時に 行かなかったので途中からはじめることも出来ず 全員行かない事に…。







でも…これゎ後悔(;´Д`)






その時ゎ若かったし お金も無かったし 写真屋さんに行く重要性がよく解らなかったんだけど やっぱりちゃんとやってぉかなくちゃぃけなかったね。 







自分たちが撮った写真ゎ沢山ぁるけど ちゃんとプロに撮ってもらってぉけば良かった! 






ごめんね。 ぉ子たち………






と言う事で 我が家ゎ 私がすべて着付けをし、髪の毛セットし、化粧もし、 ぉ赤飯を作り、 神社に行って、実家に行く。





着物ゎ自前です。 





まずゎ 神社詣で……。 



一ヵ月半も早くに小さく小さく生んでしまい 心配してぃましたが 手術をするよぅな 大きな病気もなく 無事に7歳になれた事に 神に感謝(人´∀`) 



ぉき夫に感謝(人´∀`) 




りんのまわりにぃるすべての人に感謝(人´∀`) 






神社詣でが終わると 車へ乗り込み ぉき夫の実家 σ(・▽・)ァタイの実家へヘ( ̄ー ̄)Let'sgo!  






着物も自分のなので  (汚れちゃったら仕方がないよ。)などと言う余裕までうまれます(^w^)





その余裕のぉかげか?






りんもグズル事なく、自分の着物姿に酔い痴れ





(´◇`)ハァ(ウットリ♪)






ぉ菓子をε(^〜^)ボリボリ………………





(・∀・;)オィオィ! 




実家同士も近いし 地元まで行っちゃえば移動もラクチン♪ラクチン♪((´∇`))





本当ゎ実家から車でN分くらぃの所にぁる σ(・▽・)ァタイpapaのお墓にも行きたかったんだけど かなりの量の雨が降ってきたために断念゜゜(´[]`。)。・゜ 





今日ゎりんが主役なので みんなからチヤホヤされ(ぃつもですが…笑)普段ゎ着れない着物も着れ 楽しい 嬉しい 七五三となりました★
posted by ぉき at 20:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。